スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

DREAM BOYS 1月 8日 1部レポ

この日はお天気もよく、まさに観劇日和(ってどんなんや)
同行のなえちゃんと共に、薄着だったからね。

会場は結構暑く、薄着なのにどんどん脱いで行って(なえちゃんにびっくりされましたが)最後ノースリーブでしたが全然寒くなかったです。

(ってちなのことはどうでもいいですね)

服装の話になったので、ついでに一言

由緒ある帝劇での観賞とのことでドレスコードがあると聞いてはいたのですが、やっぱ若い人が多いってこともあり、想像以上にラフ・・。
ちょっとびっくりしました。

今回は2階席からの観賞です。
はっきり言ってほぼ、仁しか見てません・・・
仁しか記憶にない・・・・こんなのでレポ書けるんか?(汗)
パンフのリストを見ながら記憶を辿りながら書いてみます


では本編へ
時間は1分遅れでスタート
会場な暗くなり、いよいよ~~~て思った瞬間

空から降りてきた神々しいオーラの仁くんゴールドに赤い羽根がついている衣装です

もう意識失って倒れるかと思ったわ~~~
「Will be all Right」を歌ながら、ゆっくり空中を上下してたように思う(曖昧)
もう、役になりきってるんだろか?
広げた手の動きや指先や視線の動かし方が・・・とってもセクシーで
一瞬、時間が止まったかのように思いました

いきなりが仁のソロだったから卒倒・・・・私最後まで生きて見れる??

AT-TUNが空から落ちてきたんだけど、仁しか見てないので
順番は覚えてない(ごめん)
向かって 一番右がじゅんのだったような・・・・(曖昧)


ここで 、パンフにかかれてるStoryに補足を加えてあらすじを

ベイサイドクラブ、ここは若きファイター達が日々バトルを繰り返し手居る場所
このファイトクラブから生まれた伝説のチャンプがスバル。(第1幕1場)

映画プロデューサーのヨコヤマはスバルを主人公にした映画を作ろうとしていた。
そこで主人公に選んだのがカズヤ。
カズヤはかつてベイサイドクラブでヒーローを競い合っていたが、ボクシングの影響で視力に影響がでて、そのうち盲目になるかもしれない不安を抱えている。今はベイサイドクラブをやめ、アカニシ達とショービジネスの世界に身を投じていた

スバルは自分の役をカズヤに演じさすことを不満に思い、カズヤと対立。カズヤは主役を降りると言い出す。(第1幕2場)

KAT-TUNの仲間でありながら、皆とは一線を置くアカニシ

スバルより先にチャンピオンになりたいという野心があるショータ(第1幕3場)

ところがチームのリーダーー的存在のコーキがヨコヤマから出演料を前借りしていた事が発覚 
このままではチームを解散に追い込まれる危機にあった
このことを知ったカズヤは一度はコーキを突き放すが・・・(第1幕4場)

スバルには心臓病を患っているユウタという弟がいた。
ユウタは兄の映画を楽しみにしており、スバルは弟のために映画の完成を急いでいた。
そこでスバルはアカニシにカズヤに代わり映画の主役を頼む。
アカニシは断るが、そのときスバルがボクシングの後遺症で耳鳴りが起こりのた打ち回るスバル
その場に来たヨコヤマが、このままでは「10分先の記憶さえ覚えてられなくなる」と追い討ちをかける
それを聞いたアカニシは気持ちが揺らぐ

チームのために思い直したカズヤがもう一度映画の主役をさせてくれと、土下座をして頼み込む。

カズヤが土下座までしてチームを守ろうしている姿を見て、スバルは
「俺と本気でボクシングの試合をし、オレに勝ったら主役をやらせてやる」という(第1幕5場)

カズヤ、ジン、ショータは少年時代からの幼馴染だった・・
いつも公園で仲良く遊んでいた
苗木を埋め三人で育てようと言う。
この木が大きくなったも、ずっと友達でいようと誓う3人

映画の話せいで、3人の関係は微妙になりつつあった(第1幕6場)


そして、試合当日。お互い命を懸けて戦う事になる
試合は和也が勝利を収める。喜ぶKAT-TUN
終わった瞬間、和也のグローブから鉛の板が発見される。それはヨコヤマが仕組んだものだった。

カズヤを攻める、エイトメンとユウタ

ヨコヤマの陰謀を目撃するアカニシ(第1幕7.8場)

時間は経てば真実が明らかになると思ったT-TUNとABCはピエロの仮面を素顔を隠し、疑いがはれるまで カズヤをかくまう事に。

ピエロのパフォーマンスに身を投じるカズヤ
そのパフォーマンスでアカニシの歌「Will Be All Right」を勝手使った事から、アカニシとカズヤが対立

止めに入ったユウタが近くにあったナイフを手に取り、偶然の事故からアカニシを刺してしまう(第1幕9.10.11場 )

ユウタをかばい、無言で逃亡するカズヤ(第2幕1場)

スバルは病室でカズヤのグローブには鉛が入ってなかったことをスバルが証言し、ユウタをかばって逃げてるカズヤが無実な事が明かされ、アカニシとショウタに真実を伝えてくれるように頼み、息を引き取る
(第2幕2場)

このままではいけないと思ったユウタが真実を明かそうと高層ビルに・・・、ユウタが落ちそうになるのを助けようとしたカズヤが
誤って落下する(第2幕 3.4場)

あの世とこの世の間でスバルと出会ったカズヤ。

スバルはカズヤに帰れと言い、「俺の心臓をユウタに移植してほしい」と託される。(第2幕5場)

そのころ地上ではTーTUNがベイサイドクラブに乗り込み、カズヤを助け出そうとする

地上に戻るカズヤもベイサイドクラブに行く

アカニシとショウタの告白で真実を知ったT-TUNと関ジャニは和解。
アカニシとショウタの手配で無事ユウタに移植された

スバルのお陰でオレ達を結びつけてくれた。命をかけてみんなを守ってくれたと気づく皆

その後、ユウタはボクサーとなり成功を収める。(第2幕6場)


こんな感じです

仁の最初の台詞は
「負け犬の話じゃなかったんだぁ~」
っていきなり、喧嘩ふっかけてるんかっていうような台詞

仁の役は一線を画してて、終始素っ気無い感じなんです
その台詞の一言、一言の言い方が萌えなのよ~~~

クールで素っ気ない感じがたまりません

常に両者の小競り合いを冷めた目でみてる

そのつめたーーーーい目がぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・卒倒

一線を画してるって事でソロでの登場が多くって・・・

特に第3場それぞれの想い・・・・での仁のソロ


回転ステージでKAT-TUN、関ジャ二、アカニシがそれぞれの想いを
ステージがまわりながら、表現

仁ってば、仮面をつけたダンサーの女性達と~~~~~うぎゃあ

仁のソロは英語セクシーな歌
ha-haよりもさらに艶っぽい歌なのよね
ダンスもかなりセクシー系でもうドチドチ・・・・
女性ダンサーと腰がくっつきそうな位置で腰振ったり踊る仁。

いや~~ん裏山し杉・・・・

しかも~~~~
仁の股の間を通りぬけたぁぁぁぁぁぁ

うぎぃ~~~~誰----アンターーーー
(パンフで確認したけどわからんかったわ)

もう仁のしなやかな体が動くたんびにそのセクシーフェロモンに
クラクラですから・・・


衣装が黒のパーカー(フードの裏とか袖口はシルバー)に迷彩パンツ

今回仁の衣装の背中にはキラキラの唇マークが入ってるのよね
で亀ちゃんの衣装にはキラキラスカル・・・
他のメンバーのも、なんかマークはいってたのかなあ・・・
(記憶なし・・・汗)

もっとセクシーな感じでもよかったんですがね・・・
つーか、衣装さん仁の衣装ちゃんと考えてくれてた?

公園でのシーンで茶系のチェックのロングシャツ風コートみたいなのを
きてるんだけど・・・これ嫌や!!

第6場 公園
はじめは子供時代のショウタ、カズヤ、ジンが登場してるんだけど
何時の間にか、現在の3人に・・・
ベンチに座っている仁、トッツー
立っている亀ちゃん

恒例のアドリブコーナー

亀「暇なんでしりとりしまぁ~す」
亀「りんご・・どうぞ」
仁「・・・・」
亀「今日おなかすいてないの???」
仁「・・・・」
亀「言わないの??」
仁「へっ・・・・・あ~~~~あれか、最近流行ってるあのCMか」
亀「流行ってる・・自分でいちゃったよ(笑)」
仁「はっ・・・自分で言っちゃった?オレよくいわれるんだ、アイツに似てるって・・」


ぎゃはははは・・・おっ役になりきってるじゃん

仁「皆で食うからうまいんじゃん・・・」
 キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !ぎゃあ~~~生ボヤキ~~!!!

亀「肩きゅ、肩がきゅってね(肩をすぼめるリアクション)唇とがらせてね・・・」
仁「あれさぁ~リップ塗りすぎてさあ~もうラーメン食い行った後みたいじゃん」

いや~ん、あのつやつやな唇が萌えですからあ

亀「リップ・・・あれだろ・・・もぎたてなんとかな!」
仁「そーだよ」


亀「(ユウタに向かって)怒ってますか?」
ユウタ「おこってないよ」
亀「誰?」
ユウタ「ユウタ」
亀「桐谷ユウタ?」
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!野ブタ。ネタ
・・・・芝居の台詞が入って
ユウタ「僕もうあんまり時間がないんだ・・病院に言ってくる」
って舞台袖に下がってく後ろ姿に

亀「バイセコー」
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!生バイセコーじゃーん」

仁「自転車・・・・・(ってつぶやく)」

突っ込んでよーー(笑)つうか仁のバイセコー聞きたい~~~

仁「バイセコーってなんだ?」
亀「えっなんか聞き覚えあった・・・」
仁「あ~~あれな、あのドラマな・・・」
仁「かさぶたをプロデュース!!」

ブタ違いかよーーーー笑

亀「あ~かさぶたがね、めくれちゃってね、貼り付いて・・」
仁「そうそうそう・・・・ってがぁーーーー!!!」
きゃあ~~仁のツッコミがぁ(笑) 

仁「で、あの二人がさあ~~」
亀「誰・・・?」
仁「成熟ア・ネーゴ」

誰だよ~~~~(笑)・・・私?(爆)

亀「そんな事ばっか言ってるとショータがキレてるよ」


ショータ「キレてないッスよ・・・」
ぎゃはははは長州子力~~~マジ似やーん

めっちゃうけました。

第11場でアカニシの歌Will be all rightを歌って仁と対立するシーン

仁が「アイツ自身満々にオレの歌、歌ってた・・・・」
って台詞に大爆笑・・・アドリブですか(笑)

亀が仁の楽譜を破り捨てて、喧嘩に・・・
仁が「なにすんだよ!!!」
って叫ぶ声に萌え~~~~
ずっとクールで低いトーンの台詞が多かったから
どなった瞬間、激反応してしまう私・・・・どないやねん

そして刺されて倒れるシーン

咳き込みながらハアハア言ってって、仰向けに倒れるんだけど
もう苦しんでる顔さえ美しくって・・・・
うっとり・・・・(おい!~~~心配しろよ自分)

第2幕2場
スバルの病室で車椅子にのった仁がアコギを弾きながらCareを
歌うのよ------!!!!

うぎゃああああ~~~~~もう、Acoustic Verって事で歌いまわしがね・・・・泣きそうなぐらい素敵
めーーーちゃやさしく、語りかけるように・・・

また歌詞が舞台の状況にぴったり!!!

いつだって、僕ら きっと誰だって、悲しみや弱さいくつも引き連れて
倒れ掛かったって 踏み出す力をきっとそこには、泣いた分の笑顔が待ってる・・・・・

そして新鮮だったんがT-TUNで歌うファイオー
それがすんごくかっこよくて・・・感動した
タッキードリボの時から一番好きだったシーンが
この All Of Me For You(関ジャ二)VS FUGHT ALL NIGHT(KAT-TUN)今回のドリボズでもこのシーンがあってめちゃうれしかったわ

この後に上田様が一人でベイサイドクラブに乗り込むシーンがあるんだけど、お友達の上田様担が激萌えしてたので、楽しみなシーンでした
さすが激萌えシーンやね。
めーーっちゃかっこよかったです・・・・
あの逞しい腕が・・・・・対戦シーンもかっこよかった。 



仁の最後の台詞

ヒナ(だったと思う)「スバルこそ真のチャンピオンだ。
あいつ、命をかけておれたちみんなを救ってくれてんな。」


仁「そぉゆぅ事・・・・」
めっちゃかわいい言い方・・・崩れ落ちそうになりましたがなーー

そして、仁がメインで歌う絆・・・・
もうめーーーっちゃ甘い声でとろけそう・・・・
1コーラスは仁でハモリがスバル
1コーラスはトッツーで仁がハモリ・・・だったと思う

ラストは亀ちゃんが挑戦者をスバルとユウタに歌詞を置き換えてうたいました・・・めちゃかっこよかった

SHOW TIME

まずは黄色の衣装でKAT-TUN登場で
◇WILDS OF MY HEART 
仁がめーーっちゃ気合のボイステク、舌巻きまくってますから(笑)
もうかっこよすぎ・・・・

◇大阪レイニーブルース
 
◇ハルカナ約束
もう回す手が萌えなのよ

◇浪花いろは節 

仁も楽しそうにおどってるのに胸キュンよ

◇Jrソング 

◇好きやねん、大阪。 ~無限大~桜援歌 (Oh!ENKA)  
生エイト君をガン見よ~~(どこみてるねん)こんなんやったんや~~ってね(笑)

◇巌流島
瓶底めがねの髪ぺタの少クラ友達部仕様で登場した亀ちゃん

しかも本持ってて、床に本を置いてなんかぶつぶつやってるし・・

え~~生友達部~~~~~~?????
って思ったらちがった(ガックシ) 

ビンゾコめがねを取って、学ランを脱いで、殺陣シーンへ

どうゆう流れだよーーー

そして一人アミーゴ
アンダルシア調のアコギから入るVer・・・・
一人アミーゴもかっこよかったけど、なんなら仁としてくれてもよろしかったのに・・・(願望)

◇ha-ha(仁ソロ)
そのかっこよさといったら・・・・めーーーっちゃ釘付け
もうセクシーなダンスにメロ~~~~
もうぐぃんぐいんですから・・・

そのかっこよさに双眼鏡でガンミのちなとなえちゃん

もう双眼鏡装着のタイミングが全く一緒なのよ(笑)
で仁ソロが終わって全く同じタイミングで双眼鏡外したら

ぎゃああああーーー(思わず叫んでしまった)

目の前にゆっちが居ました・・・

何時の間に2階席にいらしてたの??

(お前が仁ガンミしてるあいだじゃ~~~と言われそうですね)

あんまりにも近くってアルミ箔衣装だったんですが
袖やら、背中やらあちこちから糸がだらーーーんって長くでてて
もう、気になって気になって(笑)
はさみで切ってあげたい衝動にかられたわ

衣装さん、ちゃんと衣装メンテしてあげてください

2階席でゆっちと聖でラップソング


◇フリーズ

仁亀以外がフライングでね

仁と亀はステージで歌ってるんだけど・・・
やーーーん仁フライングしてぇぇぇぇ・・・って心で叫んだわ

◇SHE SAID
もう亀ちゃんと絡むように踊るのがめっちゃ素敵
もうかっこよすぎで・・・・くらくら

最後の腰振りがあ・・・・・卒倒

◇Every Time
ドリボといったらこの歌
はじめは関ジャ二から・・・
そして赤い衣装(Hey Sayドリボのラストで着てたやつ??)
に着替えたKAT-TUNが2コーラスから参加

なんかこの歌を聞くとラストだなーーってジーンときました

全出演者紹介・・・

その後仁が上手側に、亀ちゃんが下手側をリードしてお辞儀をし
センターは仁と亀がリードしてお辞儀

もうあの深いお辞儀をみるだけで泣けてくる・・・

仁の頑張りがうれしかったわ

カツマニュや雑誌でやる気ないような発言が目立って、もうめちゃ落ち込みました・・
でも仁はそういいながらもやるときはやってくれるはずって信じてた

初日はドキドキだったんですが入ったお友達に、仁が頑張ってたって聞きほんとにうれしかった

実際に見てほんとに頑張ってたと思う・・・
ドリボはやっぱり亀ちゃん主役の舞台です

仁がもっと出て欲しかったって気持ちは無いとはいえませんが

それでも、皆と一線を画する、複雑な役どころをしっかり演じてたと思うし、ソロもいっぱいあったし、萌えどころ満載でした


目だったミスも無く、短時間で仕上げたのが凄いって思いました

次回行く時はもっと熟成されたものになってるのかしら・・・
トッツーもすんごい頑張ってたけど
次回は亮ちゃん編・・・どんなものになるか楽しみです

スポンサーサイト

2006.01.09 | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ちな

Author:ちな
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。